スイートピー農家の農作業日誌

淡路島のスイートピー農家の農作業日誌です

草も生えない

ここ数年、何を植えても出来が悪い、温室横の菜園です。
20年使い続けているので、疲弊しているのかな?と思って、昨年秋から何も植えずに休ませています。
米糠やボカシ肥料を鋤き込んでいるのに、全然雑草が生えて来なくて、最近幾らか気温が上がってやっとホトケノザが生えて来ました。
 本来なら、イネ科の雑草などがボウボウに生えるのが正常なのです。
何故生えないか?というと、今迄雑草を奇麗に抜き過ぎなのです。
土は、微生物の活動で、有機物を硝酸態窒素に変えて、植物が吸収出来る形にしてくれているのですが、その微生物の餌となる有機物(枯れた雑草など)が無いので、微生物が少ないのです。
畝間や、通路を奇麗に掃除し過ぎるのも良く無いのですね。

巻き下げ

9/30日に植えた赤(セイコ)の2回目の巻き下げをしました。
巻き下げは、なるべく天気の良い日にしたいです。
雨や曇った日にすると、茎が固くて、下げた時にポキンと折れ易いのです。
 半年以上育てて来て、やっとこれからという時に、折ってしまったら元も子も無いですからね。
今週はずっと天気が悪そうだし、もう待てないので、慎重に巻き下げしました。

12℃

昨日から当分の間、雨や曇天続きです。
毎朝温度を見てから仕事の段取り考えるのですが、昨日は12℃有りました。
それまでは4℃位が平均だったので、一気に10℃近く上がってビックリです。
 スイートピーは、陽射しが無いと咲きません。
3月になって20℃位になると、暖かさだけでも咲きますが、今の時期はまだ温いだけでは咲きません。
この曇天を見越して、26日までは日時指定を受け付けていません。
花が咲かず、足りないのは目に見えているからです。

耕運機故障

先日、ジャガイモを植える前に、畝に堆肥やボカシ肥料を鋤き込もうと、8馬力の耕運機を出すと、エンジンが掛からない。
車のエンジンに詳しい息子に見て貰っても掛からない。
数日放置して、再度掛けてみるがうんともすんとも言わない。
 仕方なく、軽トラに積み込んで、ヤンマー迄持って行った。
一昨年、故障してヤンマーに持ち込んだ時、1ヶ月全く何もしてくれず放置された事が有って、嫌な予感がしていた。
今回は、整備場にトラクター等の修理の機械が一台も無い。
すぐに見てくれて、悪い所が見つかったが、部品を探して直しておくから明日取りに来てくれとの事です。
翌日、ちゃんと直して掛かるようにしてくれました。
余りに仕事が早いので、狐につままれたみたいでした。

摘み取り

連日、摘み取りの問い合わせが有ります。
昨日も土曜日だったので、行楽客も多くて、淡路島に来たついでに寄って下さった人が数人来られました。
申し訳無かったのですが、全てお断りしました。
 ネットの注文で、1月から予約頂いている方の発送がまだ済んでいないのです。
咲くのを待ちかねて発送しているのですが、まだまだ遅れています。
特にピンクが足りなくて、他農家の市場に出荷する花を頼み込んで回して貰っています。
そんな状況なので、摘み取りは当分中止します。

老化

ピンクの葉っぱが黄変して来ました
老化を示す現象です。
他の品種は黄変は見られないのですが、9/1日に植えたこのピンクだけ早くも老化して、ステムも短くなり始めました。
 早く老化する程花が咲いた訳では無くて、気候などこの品種には合わなかったのでしょう。